パートタイマーが多く、年次有給休暇の付与の仕方を工夫したい

パートタイマーを雇用する企業にとって頭を悩ますのが「年次有給休暇の付与」の仕方です。
正規雇用であれば、働く日が予め定まっているケースがほとんどですし、年次有給休暇の消化
に頭をさほど頭を悩ますこともないことでしょう。
一方パートタイマーの場合は、シフト表で必要最低限の人員を確保しているケースがほとんど
であるため、当日に休まれると営業に少なからず影響があります。
では、この場合にどのように対応すべきか?
経営の安定化の視点からは、「当日の年次有給休暇の申出は認めない」ということを就業規則に
定めます。
このような定め方は違法性はないため、余剰人員で運営できない事情がある場合は止むを得ない
ルールと考えます。

関連記事

  1. 全社的にテレワークを導入したい

  2. フレックスタイム制と固定残業代について

  3. フルリモートワーク採用時の最低賃金について

  4. テレワークを導入する際にどんな質問がよくあるのか?

  5. 美容業における労働時間制度の見直し

  6. 就業規則の作成・見直しのためのサイトを開設しました