美容業における労働時間制度の見直し

美容業界は今に始まったわけではありませんが、慢性的な人で不足。
人手不足を解消するために労働条件を見直すサロンが増えていますが、
その際によくご相談されるのがまずは何を見直すと効果的であるかという
ご質問です。

給与を上げることは効果的ではあることは言うまでもありませんが、
こちらのお客様は「完全週休2日制」を検討されることになりました。

その背景には同業ではまだまだ「完全週休2日制」と求人時に明確に
記載しているサロンが少ないからです。

もちろん検索対策もかねています。

サロンの求人は、今は「休日」をいかに明確にするかにあります。
求人票と面談時の労働条件が相違すると、その時点で面接に来た方の
意欲は限りなくゼロに近くづくため、まずは休日が実態と相違しない
ように徹底して就業規則を作成するのが肝心です。

関連記事

  1. 全社的にテレワークを導入したい

  2. パートタイマーが多く、年次有給休暇の付与の仕方を工夫したい